バフ研磨について


当店が誇る代表的な技術が“磨き”。

痩せ※1の少ないクリヤーを使い、そのクリヤーとの相性が良いコンパウンドを使う事で純正肌のように仕上る事も可能ですし、鏡のように景色が映りこむ仕上げも可能です。

ただそれには道具に対する知識と確かな研磨技術が必要となります。polished.JPG

当店では最高級の高硬度クリヤーを使用し厚塗り。研磨粒子の揃った最新のコンパウンド4種を、ポリッシャー3種と組み合わせ時間を掛けて段階的に研磨。

そのため当店で仕上た塗装品は艶が長持ちし、拭き傷など細かい傷が付いても磨き直しが出来ます。

お客様からも、バイク屋さんからも、同業者さんからも絶賛される当店の磨き。
お気軽にご相談ください。



※1…塗り終わっても中に残った溶剤成分が揮発するため、時間の経過とともにクリヤーが薄くなる現象。クリヤーに限らず溶剤成分の入った塗料やパテにも起こります。

バガーリヤフェンダー


bagger_0.JPG
bagger_1.JPG
テール部とウインカー部はフラットに研磨
▲このページのトップに戻る